小学受験をさせようかどうか迷う

我が子は現在幼稚園の年中クラスに通っています。通っている幼稚園は勉強中心のカリキュラムということで勉強熱心な親御さんがとても多くて刺激になっています。現在お母さん達と話す話題で多いのが小学受験のことです。私立や国立の小学校が少なからずありますので、そこに受験をさせようかどうかとか、どのように受験勉強を進めていけばいいかなどをよく話します。我が家は小学受験を全く考えていなかったので、お母さん達の話しを上の空で聞いていたのですが、最近義母から受験をさせてみたらどうかと打診をされて心が揺れています。我が子は息子で一人っ子です。そのため教育にもたっぷりとお金を掛けてあげることが出来るので、受験をさせてもいいかと考えるようになってきました。これからは幼稚園のお母さん達から受験に関する色々な情報を仕入れて、受験対策を行っていきたいです。

小学受験させて、いい学校教育を

年々、子供の数が減少してることで、公立の小学校では、他校と合併されるところも増えてます。公立ですと、基礎的な学習をする所が多く、親としては、もっと教育レベルの高い学校に通わせたいと思わせる方がいらっしゃるので、小学受験をさせる親御さんも多いですね。私立の小学校に入学することが出来ると、制服を着て登校することになります。勉強も公立の学校とは違い、レベルの高い学習をすることになるので、預けてる親としては安心出来ますね。私立の学校に入学するには、受験をすることになります。試験も特殊なので、塾に通って受験対策をすることが大切です。頭がいいことも必要ですが、考える力が高くなければならないです。私立の小学校は、公立より数が少ないので、倍率も高くなってます。担任の先生も学年ごとに変わることがないので、教え方に戸惑うこともなくなるので、高いレベルの教育を受けることが出来ます。

小学受験にはスケジュール

幼児教育が盛んになっていますが幼児教育を本格的にしている家庭は小学受験が目的で、受験対策をするために幼児教室などへ行くようになっています。この小学受験はきちんとしたスケジュールを立てて行動する事が大事で、何となく通うだけであったりするとその期間が無駄な時間になります。まず小学受験までのスケジュールには幼児教育の方法からスタートで、子供に合う幼児教育を探すということからスタートするようになります。子供の成長に合った幼児教育をしていく上で、小学校の志望校を具体的に絞っていく流れになります。受験をする小学校というのは子供の学力やイメージで変わりますので、最初に決めた志望校とは異なる可能性も高くなります。後半では具体的な受験対策の期間になりますので、面接の対応や試験対策そして最終調整をして受験に臨みます。